2020-01-22

比較検討をしてみたけど、やっぱり不安

屋根や外壁のお手入れでは、相見積もりをとって比較検討するのが一般的と考えられています。これが常識となったのは、外壁塗装の業界が多くのトラブルを抱えてきたからです。

分かりやすい例では、訪問販売の業者に、相場よりもだいぶ高めに工事を強要された、などの金銭トラブルですね。外壁塗装は金額の張る工事ですので、注視は必要です。怖いですね。

相見積もりは必要?

例え数社から相見積もりを取ったとしても、それぞれの業者さんからの提案は違ってきます。なぜなら、各社で単価の設定や塗料の仕様などが異なるからです。また項目や費用の考え方が各社違いがあるからです。

こうなると判断基準が分からなくなってきますね。

私の経験では、3種類の見積もりがあったら、真ん中の金額を選ぶという人が多いように感じます。これは人間の真理とも言えるでしょう。

ちゃんと法人として機能しているか、店舗や事務所があるか、実績は豊富か、ホームページは整備されてるか等々が判断基準になります。

地域密着で営業している会社は、悪い噂がたてばビジネスが成り立たないため、下手な工事はしないと考えられます。

しかし、本当に大切なのは、その会社の信用性を見極め、担当者を信頼できるかだと思います。

寄稿者:佐藤 たかや

<三鷹>ヨウショウ・リフォーム

お問い合わせはこちらから

0120-922-670

三鷹市・調布市で外壁塗装なら屋根かべマイスター。メールでのお問い合わせはこちらから

関連ブログ
お問い合わせ・ご相談