2020-01-21

知っておきたい外壁工事の工程(中編)

屋根・外壁の塗装工事は職人のチームワークが大切。工事中、職人同士の意思の疎通ができていないと、工期が遅れ、お施主様に迷惑をかけてしまう事があります。

中編では、屋根・外壁の高圧洗浄、養生(マスキング)、下地処理(下地調整)について、学んで行きましょう。

知っておきたい外壁工事の工程(中編)

高圧洗浄

エンジン付の高圧洗浄機で、屋根・外壁を洗います。 長年の汚れや藻、カビ、塗料の粉などを強力な水圧で洗浄していきます。

この工程は念入りに行います。なぜなら、せっかくこれからお化粧を施すのに、下地のお肌が綺麗に現れていなければ、お化粧の乗りもよくないですよね。洗顔に例えるとわかりやいと思います。

下地処理(下地調整)

外壁に大きなヒビ割れや傷のある箇所にはシーリング材や専用パテなどを塗り込んで平滑になるよう補修します。 この工程を説明しようとすると、専門用語が並んでしまいわかりにくくなるので割愛しますが、質の高い塗装工事には、下地が命と呼ばれるほど、大切な工程です。

お化粧で例えれば、ファンデーションを塗って下地が綺麗でないと、お化粧の乗りもよくないですよね。

養生(ようじょう)

マスキングと呼ばれることもあります。非常にわかりにくい日本語ですが、建築用語では、傷つけてはいけない箇所を保護する事を養生と呼びます。

マスキングテープやポリエステルのシート等を貼る作業です。養生が不十分だと、余計な箇所に塗料が入り込んだりするので、配慮が必要な作業です。

塗装工事は下準備が命

ここまでは、塗装工事をするための準備のお話でした。実際に塗る作業に入る前段階が大切な工程であることは、お分かりいただけましたでしょうか?

次回の後編では、屋根や外壁の塗装について学んでいきましょう。

寄稿者:佐藤 たかや

<三鷹>ヨウショウ・リフォーム

お問い合わせはこちらから

0120-922-670

三鷹市・調布市で外壁塗装なら屋根かべマイスター。メールでのお問い合わせはこちらから

関連ブログ
お問い合わせ・ご相談