2020-01-17

毎年恒例の台風が心配なあなたへ

台風は毎年勢いを増してやってきます。

2019年の大型台風は千葉県に壊滅的な被害をもたらした事は記憶に新しいですね。

うちは雨漏りなんかしないから大丈夫、と思っていませんか?

昨今の台風は昔と比べ勢いを増しています。

9月頃台風が近づくとなると、報道も深刻になり、

実際に甚大な被害が報告されているのはあなたもよく知るところだと思います。

昨年は、台風で電気や水道が止まるんじゃないか・・と心配されて、コンビニやスーパーのお水は在庫切れに。

案の定、巨大な台風が到来して、住宅の被害も深刻でした。

とりわけ千葉県の被災地は大変なことになりましたが、報道でよく見かけるのは、ブルーシートを張った屋根の映像。

945ヘクトパスカル級の突風が吹くと屋根は風に煽られ飛んでいってしまいます。

吹き飛ばれた屋根の破片が近隣に飛んでいき、2次災害をもたらすことしばしば。

台風が去っていった後が大変です。

台風の被害は一斉に発生するので、お家の屋根に異常が発生しても、

業者は対応に追われ、待たされ、現地調査にすら来てもらえない羽目になる人が続出します。

台風が毎年私たちを襲うのはわかり切っていること。

しかし、事前の対策は考えない。なぜでしょうか?

そう、屋根は下からは見えないからです。

普段屋根のことを気にすることってありますか?

恐らく・・あまり気にしないのでしょう。

問題が発生してからは後手の対応に苦しむばかりです。

台風は9月にくるから今は気にする必要はない。

あなたはこのように思っていらっしゃいますか?

今は大丈夫でも、前回に受けた被害を知らないだけかもしれませんね。

前回の台風以降、屋根を気にして点検しましたか?

近隣に迷惑をかけるかもしれない、

もしもの時に雨漏りするかもしれない、

と思っている方も多いはず。

次回の記事では、より具体的に解決策を記していきます。

寄稿者:佐藤 たかや

<三鷹>ヨウショウ・リフォーム

お問い合わせはこちらから

0120-922-670

三鷹市・調布市で外壁塗装なら屋根かべマイスター。メールでのお問い合わせはこちらから

関連ブログ
お問い合わせ・ご相談