2020-01-17

外壁、屋根、雨漏りの工事は、火災保険を活用しなければもったいない!

知らないと損をするかも!?弊社の無料診断をご利用ください。

保険申請から修理工事までをフルサポート致します。

火災保険は「火事の時にしか使えない」と思っていませんか?

火災保険という名称から、いかにも「火災のときしか申請できない」というイメージを持ってしまいがちな火災保険。

実は、火災でなくとも、風害、雪害などの「自然災害で破損した建物」の場合、あなたが加入している火災保険が適用されます。

■ テレビアンテナの倒壊
■ 棟瓦の歪み
■ 棟瓦のズレ
■ カラーベストの欠損
■ 漆喰の劣化
■ 瓦の欠損や浮き
■ 雨樋の歪み
■ 瓦のズレ
■ サンルームポリカの破損

こういった症状がある場合、火災保険の仕組みを知らずに自費で修理をしている方がほとんどですが、本当にもったいない。全部、火災保険が適用されます。

「火災保険を使ったら保険料が高くなったりするのでは?」

と思うかもしれませんが、心配ご無用。火災保険には自動車保険のような等級がないので、保険金の支給を受けたからといって保険料が上がることはありません。

なので、積極的に活用すべきです。

ただし、申請はとても面倒。申請書類の作成や被災箇所の写真撮影、第三者機関の鑑定士に夜現地調査の立合いなどがあるので、火災保険の仕組みは知っていても広く活用されていないのが現状です。

そこで、弊社では、火災保険の申請から修繕工事までを完全サポート。複雑で、面倒な申請を専門スタッフがお手伝いしますので、遠慮なくご相談ください。

特に、災害が起きたときに早く申請するのが大事になるので、少しでも異変があれば保険申請することをお勧めします。

せっかく加入している火災保険。無駄にしないように気をつけてくださいね!

寄稿者:佐藤 たかや

<三鷹>ヨウショウ・リフォーム

お問い合わせはこちらから

0120-922-670

三鷹市・調布市で外壁塗装なら屋根かべマイスター。メールでのお問い合わせはこちらから


こちらのブログもご覧ください


前のブログ:

次のブログ:

お問い合わせ・ご相談