2020-01-23

三鷹市深大寺K様邸 屋根葺きかえ

屋根のカバー工法とは、既存の屋根の上に新たに屋根を重ねることです。軽量で耐久性がある金属の屋根をガルバニウムといいます。このガルバニウムは、鉄とアルミを調合してできた新金属で、屋根修理では主流の材質です。

2019年秋、台風19号で被災した三鷹市深大寺のK様邸は、既存のトタン屋根の棟押え(屋根の頂点を押さえる鉄板)が強風にあおられ飛んでいってしまいました。

屋根のカバー工法もお任せください!

棟押えが飛んだ上、貫板が腐っている。釘錆びて抜けたようです

新規の野地板を貼った後に、防水シートを被せていきます

雨の侵入を防ぐ新規の防水シートを張り込んでいきます

防水シートの上から、ガルバニウム鋼板を葺いていきます

両面ともガルバニウム屋根の葺気が済みました。残るは棟の仕上げです

新規の貫板を施して、屋根の棟押をしっかりと留めていきます

屋根のカバー工法で新品の輝きへ

施主のK様は台風で被災したため、ご加入の火災保険を使って修理をされました。台風・風災・雪害などの天災にあったら、ご加入の火災保険が適用されます。必要なのは申請書、被害写真、業者の見積書です。

火災保険に関して詳しく知りたい方は<こちらの記事>をご覧ください。

あなたへの大切なメッセージ

屋根かべマイスターがお約束する価値は

・地元の工事にこだわり、無駄な経費をカット

・足場組み立ても自社施工、無用な外注経費を切り詰め

・能率を重視した工程で、スピーディーな納期

今あなたが検討している会社の価値をもう一度見極めてみては如何でしょうか?外壁塗装の相場について、もっと詳しく知りたい方はこちら👈の記事もご覧ください。

寄稿者:佐藤 たかや

<三鷹>ヨウショウ・リフォーム

お問い合わせはこちらから

0120-922-670

三鷹市・調布市で外壁塗装なら屋根かべマイスター。メールでのお問い合わせはこちらから

関連ブログ
お問い合わせ・ご相談